CAT

純真高校で学ぶ「ライフプランとお金」

福岡県福岡市に位置する純真高等学校では、オリジナルのカリキュラムとして「CAT(キャット)」という教科を設定しています。

CATとは、Career(キャリア)Advance(アドバンス)Time(タイム)の頭文字を取ったもので、「進路指導」にとどまらない「キャリア教育」として開講しています。

この日は、新1年生にとってはじめてのCATの時間でした。

この日のテーマは「ライフプランとお金」です。

講師は株式会社キッズ・コーポレーションの下村啓介先生です。

本日の授業のためになんと大阪から講師として本校に来てくださいました!

入学して間もない生徒たちに、「人生」という長い目でみたキャリアについて、とても分かりやすい授業を行っていただきました。

さっそく下村先生から、「例えば、これから大谷翔平選手がサッカー選手としてJリーグのトップを目指すと言ったら、目指せるかな?」という質問が生徒たちに投げかけられました。

生徒たちは挙手で反応し、「目指せない」という意見が多く出ました。

下村先生から「道を変えるというのはそれくらい大変なこと」というお話とともに、高校生の時に自分のキャリアに真剣に向き合うことの大切さについて説明してくださいました。

実際に、ファイナンシャルプランナーとしてもご活躍される先生のもとには「人生をやりなおしたい」や「お金に不安を抱えている」といった様々な悩みをもった方が相談にいらっしゃるようです。

そのような思いを生徒たちにさせたくないという思いで、授業のなかでは「人生設計は全く難しくない」、「まずは目を向けることからはじまる」とアドバイスをいただきました。

生徒たちは「給与が上がる仕組み」、「正社員とは」、「奨学金のこと」など、普段自分で考えるこのないテーマについて学び、「キャリア」について考えるスタート地点に立たせてもらいました。

最後に、「キャリアは知ったうえで判断する!」という強いメッセージを先生よりいただきました。

多くの人は、自分が知っている範囲の知識だけで進路を選ぶ。

例えば、「この大学は名前聞いたことないから知っているところに行く」、「この学部はきっと自分には関係ない」などと知りもせずに選択から省いてしまうのはとてももったいない。

高校生にとっては「知っている」ことのほうが圧倒的に少ない。その中だけで決めるということは、人生設計の幅を狭くしてしまうことになると教えていただきました。

生徒たちにとってこの教えは、きっと今後のCATの学習につながるでしょう。

広報部 小澤

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-CAT